2010年11月30日 (23:59)

COMICリュウ表紙作画実況

2日~4日の想定で描き始めて、結局6日かかってしまい、
苦労自慢になってしまったTwitterでの作画実況を、トッギャりました。

http://togetter.com/li/74218
カテゴリ : 仕事記事のURL

2010年11月30日 (23:51)

「アルプスの少女ハイジ」リマスターDVDボックスのレビューなんかを。

いやぁ、流石35㎜原盤ネガからレストアしてるだけあって綺麗です。
旧版も、その次の廉価版も見送ってて正解だった。
ぜんぜん違います。

彩度が高いので、背景やセル画の色鮮やかさが違います。
青空も綺麗だし、草村が実は淡いミントグリーンだったり、おんじの瞳がブルーだったり、
物語だけでなく、目でも楽しめる作品になりました。

背景も、絵の具の塗り重ねまではっきりわかります。
1話の冒頭、夜明け前のデルフリ村ラガーツ町の建物の壁の微妙な色合いも
旧版では見られなかった。

まだ1話しか見てませんが、旧版ではそうとう酷かったフィルムガタも綺麗になくなってるし、
セル傷も場面によっては修正で目立たなくなってます。
(ハイジのセル傷、誇り、目立つから^^;)

一番大きな違いは、OP前に出てくる「カルピスまんが劇場」のフリップかしら。
本放送時は「宇宙戦艦ヤマト」を見ていたので、たぶん見るのはこれが初めてだと思う。

特典のライナーノートも読み応え合った。
高畑勲、小田部羊一、宮崎駿のインタビュー。小原乃梨子、杉山佳寿子による対談。
初めて聞く裏話満載で、OPでハイジとペーターが手を繋いでクルクル踊っている様子は、
駐車場で小田部さんと宮崎さんが実演した物を、8ミリに納めて森やすじさんが原画起こしたとか、
その他色々。


作品が好きなら、旧版をお持ちでも、買って損はないと思います。
Twitterでレビューしたら、フォロワーさんがお二人お買い上げになりました(^^;)。

ちびちび楽しもうかと思ってます。
それにしても、1話と2話のハイジはよく動く(^^)

画像 524-1
チラ見えしてるのは、同日届いた「トレマーズ」Blu-ray版。
トレマーズはDVDが酷かったので、やっとまともなディスクが手に入ってうれしい。
カテゴリ : アニメ記事のURL

2010年11月27日 (23:59)

まんがタイムオリジナル・発売中

1200227815.jpg

「ハルコの晴れの日」第7話掲載中です。

一回遊びたかったので、完全に遊んでるエピソードです。
ちょっとこういう外しをやるには連載回数まだ浅すぎたかもしれませんが、
なんか、やらずに居られなかった(^^;)。
次回はちゃんと、通常エピソードやりますから。
カテゴリ : お知らせ記事のURL

2010年11月25日 (23:59)

中島みゆきコンサートツアー2010(曲バレあり)

東京国際フォーラムで見て来ました。
今年のツアーの情報は拾いそびれてしまってて、
雑誌で知った時にはチケット事前予約は終わってました(^^;)

しかし長年の友人でナミフク(中島みゆきファンクラブ)会員である、Oさんから、
余分に確保したチケットを譲っていただけました!
(いや、たぶん私のために、わざわざ確保してくれた)
いつもいつも、有り難うございます!

そのプラチナチケットは、なんと前から7列目!
Oさんはまだ到着していないので不安になり、
ホントにこの席かと、何度も座席表を確認してしまいました。

ステージが始まり、改めて驚く事になります。
「近っ!みゆきさんの顔よく見える!!」
なんか、ものすごく久しぶりにみゆきさんのお姿を、アオリで拝見しました。
ちなみに前回2006年、自力で取ったチケットは、2階席の遙か彼方。
ああ、Oさんありがとう!

もう、あっと言う間の2時間!
久々にフルコーラス「二隻の舟」!
初めて生で聴いた「しあわせ芝居」!
アカペラスタートの「時代」!
まったく衰えてない歌声!
楽しいトーク!
シンプルだが素晴らしく美しい舞台演出!

やっぱツアーええわぁ。
毎年でなくていいから、2年に1度くらいやってくんないかなぁ。

ところで、このツアー。
2時間弱のプログラムにも関わらず、休憩を15分挟んでくれます。
みゆきさんは、ラスト近くでトイレに行きたくなっては楽しめないからと、
理由を語ってくれましたが、これはいろんな人にやさしいシステムです。

ファンもずいぶん高齢化しましたから、体力的な意味もあるだろうし、
忙しい仕事の合間に駆けつける人も多いだろうから、
万が一遅刻しても、休憩後の第2部からは見る事が出来ます。
なんて素晴らしいシステムなんでしょう^^。

初めてみゆきさんのツアーに行ったのは、20年以上前の今は亡き厚生年金会館。
あの時、後ろの迷惑も顧みず、立って踊っていた二人組の女子高生、どうしたろうか。
たぶん、お母さんとなって、今回のツアーも見に来ている事でしょう。
あれから、ずいぶん年が経ったなぁ。

まとまりのないブログだ(^^;)。


そんなこんなで、ここ数日は、COMICリュウ表紙にかかりっきり。
済ませて、本編ネームにかからなかきゃなぁ。
カテゴリ : その他記事のURL

2010年11月20日 (23:59)

劇場版「赤毛のアン・グリーンゲーブルズへの道」観ました

1979年に制作されたもののお蔵入りしたまま、最近まで私もその存在をしらなかった劇場版。
今年夏、ひっそりと後悔されたけど、劇場までは行けなかったので、
今回のBlu-ray発売を楽しみにしてました。
テレビシリーズの第1話から6話までを、100分に編集ですから、
もうほぼノーカットですね(^^;)。

まぁなにしろBlu-rayですから、背景綺麗だなぁとか、セル汚れ目立つなぁとか観てましたが、
そんな事は物語に夢中になってすぐに忘れてしまいました。
男の子と間違われて来てしまったアンが、グリーンゲーブルズに引き取られるか、
はたまた孤児院に逆戻りさせれるのかの、もう、ハラハラドキドキの大サスペンスなんですもの。
長尺で一気に見せられる分、テレビシリーズより、ハラハラ感は強いんじゃないかな。

こんなに「赤毛のアン」が笑えて泣ける話だったって事を、
久しぶりに見たせいで思い出したって事もありますが、
これはやっぱり劇場版に仕立て上げた高畑監督の手腕に寄る所が大きいと思います。

当初は最終回まで何本かの劇場版に編集して、後悔する予定だったらしいから、
今からでも是非実現していただけたら、ホントうれしいんだけどな。
この劇場版のDVD&Blu-rayの売り上げによっては可能かも?

画像 511
カテゴリ : アニメ記事のURL

2010年11月20日 (23:40)

COMICリュウ・1月号発売中

51Fc.jpg

更新滞っててすみません(^^;)。
通常、2ヶ月かけてこなす枚数の原稿を、一ヶ月で描きあげるみたいな状況が、ふた月続きました。
なんとか乗り切って、はーヤレヤレと言った所です。
もう少し頑張って更新します。

来月発売では、COMICリュウ本誌の表紙を描く事になりました。
雑誌表紙を描くのは「ルナハイツ」以来だから、7年ぶりかぁ。
うう、元々得意じゃないし緊張するぜい(^^;)。

そんなわけで週明け辺りからその作業に入らないと。
忙しい忙しい。でも良い事だ^^
カテゴリ : お知らせ記事のURL

2010年11月02日 (23:07)

映画「のんちゃんのり弁」、面白かった。

WOWOW録画視聴。
WOWOWはBlu-ray化してない、あるいはされない新旧邦画を、
積極的にハイビジョンで放映してくれるので、なかなか解約できない(^^;)。

「のんちゃんのり弁」。
「かもめ食堂」「めがね」「南極料理人」と、同じフードスタイリストの飯島奈美の映画の中で
一番面白かったのは、たぶん男都合の物語だからなのかな。
料理しか取り柄のない世間知らずの出戻りが、里帰りした地元で弁当屋を始めるまでの話だもの。
原作漫画、モーニングだし。(入江喜和さんの原作は未読)

でも、やっぱり映画の取り方が魅力的だからなんだよね。
小西真奈美の可愛くとんがった演技も素晴らしいし、ほどよい長回しのカメラワークも良かったし。
それに、微妙にタイミングを外す、台詞回しや演出が生理的に気持ちよくて、
日常のドラマの映画を90分以上飽きさせずに見せるには、必要な事だと思った。

そういう意味では、同WOWOWで観た「いけちゃんとぼく」や「女の子ものがたり」は、
良い所もあるのに、90分飽きさせないだけのテクニックが足りないという感じだった。

「のんちゃんのり弁」は当たりだったなぁ。
先月いっぱいで、ケーブルテレビのJ:COMを解約したし、
まだまだ、WOWOWのお世話になりそうだ。
12月は「マイマイ新子と千年の魔法」とか「板尾創路の脱獄王」とかやるし。


そんなこんなで、「夜のスニーカー」第6話を終わらせ、「ちゃんと描いてますからっ!」の
第4話のネームを終わらせたので、このまま作画に入るか「ハルコの晴れの日」のネームまで
片付けるか現時点で迷い中。
隔月とはいえ、19日と27日発売の雑誌の〆切こなすのは大変だなぁ(^^;)




カテゴリ : 映画記事のURL
星里もちる・最新情報
【既刊発売中】「やさしく!ぐーるぐる真紀」第1巻~第2巻  「かくてる・ポニーテール完全版」全1巻  「光速シスター」全3巻  「ちゃんと描いてますからっ!」全4巻  「星里もちる短編集あっちもこっちも」全1巻  「夜のスニーカー」全1巻
星里もちる・最新コミックス
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ

Appendix


ツイート
プロフィール

星里もちる

Author:星里もちる
ほしさともちる・漫画家
1961年生まれ・福岡県出身

●「やさしく!ぐーるぐる真紀」
 COMICリュウ連載中
●「光速シスター」
 コミックス全3巻発売中
●「ちゃんと描いてますからっ!」
 コミックス全4巻発売中
●「ハルコの晴れの日」
 コミックス全2巻発売中
●「夜のスニーカー」
 コミックス全1巻発売中

プロフィール詳細、作品リスト等は
公式サイト【もちる印】を
ご覧下さい↓↓

リンク
FC2カウンター
検索フォーム