--年--月--日 (--:--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年12月24日 (05:25)

BS熱中夜話「中島みゆき」前・後編

人生で一番聞いた曲は間違いなく、みゆきさんの曲ですが、同じくそんな方々が、

熱く『中島みゆき』を語った、前後編90分。録画をようやく観ました。

いや、濃くてやはり面白かった。



みゆきさんの曲を『恋歌』と『応援歌』に分けての分析は、初心者の方にもわかりやすい

切り口だったのではないでしょうか。

最も究極には、どちらも応援歌だというのが、わたしの解釈です。

それはともかく、女性ファンは身近の人生に照らし合わせて、

男性ファンは、社会に照らし合わせて、みゆきさんの曲を、

それぞれに解釈しているという、構図が面白かった。

まぁ、NHKの番組構成上の意図なんでしょうけど、そういう幅広さが、

現在も第一線で活躍されてる、中島みゆきさんの魅力なんだと思います。



前編は曲について語り、後編は今年20年を迎える『夜会』についてでした。

これも、いろんな分析が聞けてとても面白かったのですが、

私自身は近年、『夜会』については、徐々に興味を失っています。

チケットがとても手に入りにくいとか、観劇に行く時間が作れないとか、理由はいろいろありますが、

一番大きな理由は、近年の『夜会』が、『夜会』の為の書き下ろした、新曲がほとんどであるためです。

初期の『夜会』は、既存の曲を構成して、物語を語っていました。

歌詞の意味がガッツリ脳にインプットされているので、物語を追いやすかったのですが、

新曲だと、どうも頭に入ってきません。

そのために物語を追えなくなってしまったのです。

曲の良い悪いの話ではなく、知らない曲が流れると、別の事を考えてしまう、

私の脳のやっかいな仕組みのおかげです。

ミュージカルなんかでも、歌の場面になった途端、脳がニュートラルになってしまうので、

ぜんぜん頭に入ってこなくて、後でまったく覚えていないことも、ちょくちょくです。



一つの曲が自分の脳にインプットされるまで、すごく時間がかかるので、

事前に『夜会』に合わせて発売されたアルバムを聞き込んでも、ダメです。

観劇の日までにはインプットが間に合わず、当日は、意味を聞き逃すまいと、

ものすごい集中して、見終わったと、疲れた果てたりします。

これでは楽しめませんから。

みゆきさんのファンの方、『夜会』のファンの方々、すみません。

でも、こんな私が行くよりは、本当に生きたい人に席を譲った方が、いいでしょうから。



ああ、またコンサートツアー、やってくんないかなぁ。

ツアーなら行くんだけどなぁ。


カテゴリ : テレビ記事のURL
星里もちる・最新情報
【既刊発売中】「やさしく!ぐーるぐる真紀」第1巻~第2巻  「かくてる・ポニーテール完全版」全1巻  「光速シスター」全3巻  「ちゃんと描いてますからっ!」全4巻  「星里もちる短編集あっちもこっちも」全1巻  「夜のスニーカー」全1巻
星里もちる・最新コミックス
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ

Appendix


ツイート
プロフィール

星里もちる

Author:星里もちる
ほしさともちる・漫画家
1961年生まれ・福岡県出身

●「やさしく!ぐーるぐる真紀」
 COMICリュウ連載中
●「光速シスター」
 コミックス全3巻発売中
●「ちゃんと描いてますからっ!」
 コミックス全4巻発売中
●「ハルコの晴れの日」
 コミックス全2巻発売中
●「夜のスニーカー」
 コミックス全1巻発売中

プロフィール詳細、作品リスト等は
公式サイト【もちる印】を
ご覧下さい↓↓

リンク
FC2カウンター
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。